【Rollercoaster Tycoon (RCT touch) 攻略】エアタイムとは。ジェットコースターのチャレンジをクリアしよう。

Rollercoaster Tycoon touch(ローラーコースタータイクーンタッチ)攻略

チャレンジミッションで出てくる“エアタイム”とはジェットコースターの丘で作ることができます。

エアタイムとは上下の起伏で、体が浮かぶような感覚になる時間です。

 

今回はそんなエアタイムの作りかを解説します。

 

⇒【ジェットコースターの作り方

⇒【効率的に稼ぐ方法

 




 

ジェットコースターのレーンを作ろう

ジェットコースターの各パーツのカードが揃ったら組み立てをしていきましょう。

RCT touchの醍醐味の1つとして、ジェットコースター作りがあります。

 

レーンの長さ、角度、高低差、全てを自分の思うように作ることができます。

 

ジェットコースターはただ作るだけではん意味がありません。

スリルやワクワク度を考えて作る必要があるのです。

 

そして今回説明するエアタイムも、ジェットコースターの組み立て方によって発生の有無が決まります。

 

⇒【ジェットコースター:組み立ての効果

 

エアタイムとは体が浮いているように感じる時間

エアタイムとは「体が浮いているような時間」をさします。

具体的には、レーンでを作ればいいのです。

 

丘を複数個作ることで空中に浮いている感覚を作ることができます。

 

丘を通っている時に、十分なスピードを保つことができればエアタイムは増えます。

 

⇒【全ミッションのクリア方法

 

スピードが遅すぎるとエアタイムにならない

ただし、ただ丘を何個も作ればいいいわけではありません。

スピードが遅すぎる場合はエアタイムにカウントされないのです。

 

丘に登る時や丘を降りる時に十分なスピードが出ていない場合、エアタイムにはなりません、

丘へ入るスピード、丘を降りて次の丘に入るスピードを考えてレーンを組んでいきましょう。

 

大切なのは、「十分なスピードを保ったまま上下の起伏を激しく」です。

 

⇒【入場者数を増やす方法

 




最初の丘はエアタイムにカウントされない

十分なスピードが重要ということですが、そうなると最初の丘はエアタイムにはカウントされません。

最初の丘は十分なスピードを得るためのものです。

思いっきり高くして、ジェットコースターを落としてやりましょう。

 

 

エアタイムについての解説は以上です。

「十分なスピードを保ったまま上下の起伏を激しく」

とにかくこれを意識して、レーンを組んではテストを繰り返していきましょう。

 

⇒【“デコレーション”の効果

⇒【ヒートマップで満足度を確認

⇒【ゲームの流れ・遊び方

⇒【ジェットコースター:組み立ての効果

⇒【“清潔さ”をアップする方法

⇒【”楽しさ”をアップする方法

⇒【入場者数を増やす方法

⇒【全ミッションのクリア方法

 

 

コメント