【Airline Commander (エアラインコマンダー) 離陸のコツ】水平に保ち、失速に注意する

Airline Commander (エアラインコマンダー) 攻略

エアラインコマンダーの離陸のコツはなるべく水平に保つことです。

少しでも高度を上げようとすると墜落してしまいます。

 

今回はそんなエアラインコマンダーの離陸のコツについて解説します。

 

⇒【ゲームの流れ・遊び方

⇒【飛行機の操作方法

 




速度を上げる

離陸に当たって大切になるのは、まず助走です。

地上での直線でどれくらいのスピードを出せるかが重要になってきます。

 

画面左下のレバーを上げてフルパワーで加速しましょう。

 

だいたい120〜130ノットは欲しいところです。

 

スピードに乗らずに離陸すると、すぐに失速してしまい墜落します。

直線でいかにスピードを上げられるかが肝心です。

 

⇒【着陸のコツ

 

失速対策:上を向かずに水平を保つこと

離陸で一番重要なのが、水平に保つということです。

水平直後は必ず水平を意識して飛行しましょう。

 

やってしまいがちなのが、高度を上げようとして上を向くことです。

 

飛行機が空気に乗り切っていない状態で上を向いてしまうと、空気に機体が押されて墜落してしまいます

水平に保っていないから失速するのです。

 

離陸直後はこれでもかというくらい、水平に保ちましょう。

 

「永遠に上がらないんじゃないか…」

と思うくらいでちょうどいいんです。

 

 




失速しそうになったら下を向いて水平にする

失速によって墜落しそうになったらサインが出ます。

上昇していく過程で失速サインが出たら、すぐに機体を下げて水平にしましょう。

 

離陸時に十分なスピードを確保したのなら、水平にする方法でほとんどの失速は対応できます。

慌てて上を向いたりしてはいけません。

 

船首を下げて水平にしましょう。

 

⇒【飛行機の操作方法

 

高度はそこまで気にしなくてもいい

離陸してからしばらく経つと、高度の目安となるナビゲートが表示されます。

緑の点線のことです。

 

「離陸してしばらく経っているから、もう上を向いても大丈夫だろう」

その油断が墜落を招きます。

 

飛行が安定してからも、急に飛行機の角度を変えてはいけません。

特に多いは、緑の点線が表示された瞬間に合わせに行こうとすることです。

 

そんな必要は全くありません。

高度はゆっくり徐々に上げていきましょう。

 

別に目標の高度に達しなくとも、ミッションはクリアになるんです。

多少のスコアは下がりますが、墜落よりもマシです。

 

 

エアラインコマンダーの離陸のコツは以上です。

何度か水平に保つ練習をするとコツを掴めます。

頑張ってください。

 

⇒【着陸のコツ

⇒【ゲームの流れ・遊び方

⇒【飛行機の操作方法

⇒【エンジントラブルの対処法

⇒【エアラインコマンダーの課金

 

コメント